レディ

お風呂の入り方を見直すだけでアトピーを防げる

体を清潔に保つことが大切

ウーマン

アトピーの方の入浴法

アトピーの方の入浴方法って色々な説があり、どれがいいのかと悩まれている方もいらっしゃるかもしれません。清潔さを保つためにきちんと入った方がいいという先生がいたり、アトピー肌はただでさえ保湿力が低いので、お肌の保護成分が流れ出ちゃうから入らない方がいいという先生がいたり。どちらの意見が正しいのかはわかりませんが、言えることは、できるだけ刺激の少ないように入り、出たら保湿を欠かさないということです。まず、アトピーの方にはお風呂のお湯自体が刺激になる場合があります。水道水には塩素が含まれているので刺激となってしまうのです。そのため、塩素を除去するビタミンC入りの入浴剤を入れたり、浄水器を付けたりするといいでしょう。また、一番風呂に入らないようにするだけでも、塩素の刺激は軽減されるみたいですよ。また、熱いお風呂は刺激になるので、ぬるめのお風呂に10分くらい浸かるのがいいようです。その他に、身体の洗い方ですが、やはり刺激を避けるためにゴシゴシこするのではなく、手で泡立てた石鹸の泡でなでるように洗うのがおすすめです。お風呂に浸かった後であれば、石鹸を使わないで軽くさするだけというのも、肌のバリアを残すためにはいいようですよ。お風呂から上がった後は、できるだけ早くに保湿剤を塗りましょう。かかりつけの病院でもらっているものでいいのですが、もしなければ、刺激の少ない天然のオイルがおすすめです。クリームには界面活性剤が含まれている場合があり、アトピー肌にはそれが刺激になってしまう場合もあります。できるだけ成分が分かりやすいオイルを選びましょう。化粧水で水分を補った後にオイルで蓋をする感じで塗ると効果的です。