レディ

お風呂の入り方を見直すだけでアトピーを防げる

バスタイムを快適に

女の人

簡単に原因を取りのぞける

アトピーの人はお風呂に入る時に気をつけることで、症状を軽減させることができます。お風呂は毎日の習慣ですが、体の老廃物や使用している薬剤などを排出させる貴重な時間でもあります。ゆっくりバスタブに浸かると汗と一緒に体内の老廃物を排出させたり、優しく新方法で体を洗うことで表面の老廃物を排出させアトピー症状の軽減が期待できます。しかしお風呂に入ると反対にアトピーの症状がひどく出る人がいます。痒みが増強したり、炎症している部分が悪化してお風呂に入りたくない人もいます。その一つの原因は水道水に含まれる塩素です。塩素はかゆみを促したり炎症をより酷くして、腫れさせることもあります。お風呂の時間を有効に使うためには、この原因となる塩素を除去することが大切です。塩素は簡単な方法で取り除けます。お湯の塩素を取り除くのに有効な成分はビタミンCです。バスタブの中に1グラムほどのビタミンC入れて混ぜるだけで安全なお湯になります。もちろん体を洗った後に泡を洗い流すお湯も、塩素を除去したバスタブのお湯を使うことが大切です。シャワーを使ってしまうと、塩素をアトピーの皮膚にかけてしまうことになるので症状を悪化させてしまいます。体を洗うのに使う石鹸は皮膚に負担の少ない無添加のものを選びます。できるだけ界面活性剤が使用されていないものを選ぶと効果を実感できます。そしてナイロンタオルなどでの刺激は避けて、肌に負担のかからない綿の素材や直接手で洗うことも有効です。